24時間カンタンWEB予約

カテゴリ: ホワイトニング

【成城の歯医者】ホワイトニングとラミネートベニアの違いを解説します

歯を白くする方法といわれて、まず思い浮かぶのがホワイトニングではないでしょうか。

ホワイトニングは歯を白くすることができますが、実は歯科医院ではホワイトニング以外に、ラミネートベニアという方法で歯を白くすることも可能です。

ホワイトニングとラミネートベニアには、どのような違いがあるのでしょうか?

主な違いについて、解説します。

ホワイトニングとラミネートベニアの違い

歯の黄ばみなどが気になった場合、歯科医院ではホワイトニングやラミネートベニアなどの方法があります。

ホワイトニングとラミネートベニアは、何が違うのでしょうか?

ホワイトニングは、歯に薬剤を塗布して歯を白くします。

ホワイトニングは歯を削らず、歯に付いている色素を分解することで歯を白くします。

そのため、歯がもともと持っている白さよりも白くすることはできません。

ホワイトニングは、一度施術を受けただけでは完全に白くはならないため、何回か施術を受けて希望する白さにしていくこととなります。

18歳未満の方はエナメル質が完成していないため、ホワイトニングを受けるのは避けたほうがいいでしょう。

一方、ラミネートベニアは、歯の表面に薄いセラミックのチップを貼り付けることで、歯を白くします。

チップは薄いのですが、歯の表面にただ貼り付けると違和感を覚えるケースが稀にあるため、チップの厚さの分だけごくわずかに歯を削ってから貼り付けることもあります。

ラミネートベニアは、歯を削ってチップを貼り付けるだけです。

したがって、通院は基本的に2回だけで終わります。

ラミネートべニアは、ホワイトニングでは効果が出にくい、テトラサイクリン歯や失活歯なども白くできるというメリットがあります。

それぞれの特徴

ホワイトニングは、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの2つの方法があるという点が特徴です。

歯の状態によっては、両方を併用して行うデュアルホワイトニングを行うことになるでしょう。

ラミネートベニアの特徴として挙げられるのは、歯の間に隙間があるときに、張り付けるチップで埋められるという点です。

ただし、歯の形状を大幅に変えることはできないので、注意しましょう。

まとめ

ホワイトニングとラミネートベニアはどちらも歯を白くするための方法ですが、治療内容には大きな違いがあります。

ホワイトニングは薬剤を使用して歯を白くするのに対し、ラミネートベニアは歯にチップを貼り付けることで外見上白くするという点が、特筆すべき違いです。

ホワイトニングには自宅でも行う方法もあり、ラミネートベニアは歯の隙間を埋めることができるなど、それぞれ異なる特徴があるため、どちらがいいか細かく比較してから決めましょう。

成城で予防歯科をお考えの際には、『Kデンタルクリニック成城』にご相談下さい。

患者様と向き合い、可能な限り歯を傷つけない治療法をご提案させて頂きます。

スタッフ一同、お待ちしております。

【ネット予約可・公式】成城学園前の歯医者|Kデンタルクリニック成城

日付:  カテゴリ:ホワイトニング

【成城の歯医者】生まれつきの歯の黄ばみはホワイトニングで白くなる?

歯は、加齢によって黄ばむこともあれば、食べ物や飲み物の着色汚れによってさまざまな色が着いてしまうこともあります。

しかし、中には生まれつき歯が黄ばんでいるという人もいます。

生まれつき歯が黄ばんでいることがあるのは何故でしょうか?

生まれつき歯が黄色っぽい場合に、ホワイトニングで白くできるのか解説します。

生まれつき歯が黄色いのはなぜ?

歯の色は何色かと聞かれると、ほとんどの人は白と答えます。

実は、本来の歯の色は白いとは言い難いのです。

乳歯は、やや青みがかった乳白色であり、永久歯に生え変わっても真っ白にはならず、一般的には黄色みがかった白色に見えます。

歯が白く見えるのは、外側のエナメル質が十分に厚い場合です。

しかし、日本人の歯は欧米人と比べるとエナメル質が薄いため、内側の象牙質が透けて黄ばんで見えやすい傾向にあります。

歯の黄ばみはあまり気にする必要はありませんが、ごく一部のケースにおいて、歯科医院を受診した方がいい人もいます。

気になる場合には、一度歯科医院を受診してみてください。

ホワイトニングは効果がある?

歯の黄ばみは、ホワイトニングで落とすことができるケースがほとんどです。

基本的なホワイトニングの方法として、まずは歯科医院で施術を受けるオフィスホワイトニングが挙げられます。

オフィスホワイトニングは、濃度が高い過酸化水素が主な成分の薬剤を歯に塗布します。

過酸化水素は、漂白剤にも使われている成分です。

歯の黄ばみを強力に落とせるので、施術を受ければ白くなります。

ただし、部分的に白くなってむらができることもある点に留意しましょう。

ホームホワイトニングという、歯科医院で処方された薬剤や市販されている薬剤をマウスピースに付け、歯に浸透させる方法もあります。

ホームホワイトニングは効果が出るまで時間がかかり、オフィスホワイトニングと比べてあまり白くなりません。

ただし、白くなった歯を長い間キープできます。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングには、それぞれ異なるメリットがあります。

双方のメリットを最大限に発揮させるには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングがおすすめです。

オフィスホワイトニングで歯を白くして、ホームホワイトニングで効果を保ちます。

まとめ

生まれつき歯が黄色い場合、いくつかの原因が考えられます。

基本的にはホワイトニングで歯の黄ばみを落として白くすることが可能です。

しかし、エナメル形成不全症などホワイトニングの効果があまり期待できないこともあります。

また、永久歯に生え変わったばかりの場合には、黄ばみが目立つケースもあります。

中には、歯科医院で治療を受けた方がいいケースもあるので、まずは歯の黄ばみの原因と歯を白くする方法を、歯科医院で相談してください。

成城で予防歯科をお考えの際には、『Kデンタルクリニック成城』にご相談下さい。

患者様と向き合い、可能な限り歯を傷つけない治療法をご提案させて頂きます。

スタッフ一同、お待ちしております。

【ネット予約可・公式】成城学園前の歯医者|Kデンタルクリニック成城

日付:  カテゴリ:ホワイトニング

【成城の歯医者】歯が黄ばんでいる時はホワイトニングを受けるべき?

歯が黄ばむと、なかなか自然には白くなりません。

あまり気にしない人もいますが、黄色い歯はあまりいい印象を与えないでしょう。

黄色い歯を白くする方法が、ホワイトニングです。

歯の黄ばみは、なぜ落としたほうがいいのでしょうか?

黄ばんだ歯を放置しない方がいいのはなぜか、理由を解説します。

歯はなぜ黄ばむのか

歯が黄ばむ原因にはいくつかあり、大まかな分類として、外部、内部、加齢に分けられます。

それぞれの原因に関する具体的な内容を解説します。

外部による原因となるのは、飲食物やたばこです。

特に有名なものとして、ステインが挙げられます。

ステインとは、食物に含まれるポリフェノールと、唾液中のたんぱく質とが結合した汚れのことです。

一般的な歯の黄ばみは、ステインによるものです。

特に、コーヒーや紅茶、赤ワインなどの飲み物や、カレーなどの色が濃い食べ物を摂取した時に付着しやすい傾向にあります。

また、たばこのヤニはステインより粘着力が高い汚れです。

内部の原因としてまず挙げられるのは、抗生物質などの働きで歯が黄ばむテトラサイクリン歯です。

ただし、テトラサイクリン歯が現れることは滅多にありません。

加齢も内部の原因の1つです。

歯のエナメル質が加齢により溶けていくことで、内側の象牙質の色が見えるようになるため、黄ばんでしまいます。

歯が黄色くなる主な原因として、上記の3つが挙げられます。

3つの原因のうちの1つ、もしくは複数の原因によって、歯が黄色く見えるのです。

原因によって対処方法が異なることもあるので、まずは黄ばみの原因を特定しましょう。

歯が黄色いとどう思われる?

歯が黄色くても、機能的にはそれほど大きな問題はありません。

しかし、黄ばんだままで放置していると、他人に与える印象が悪いという問題があります。

歯が黄ばんでいると、実年齢よりも老けて見えやすくなります。

なぜなら、歯の黄ばむ原因に加齢があり、特に高齢者は歯が黄ばんでいるケースが多いからです。

また、仕事に悪影響が出る可能性もあります。

特に営業職など人と接する機会の多い仕事の場合、相手に与える印象が重要です。

清潔感があると相手に好印象を与えやすいのですが、歯が黄色いと清潔感がなくなるため、仕事に支障が出るかもしれません。

さらに、同じく清潔感のなさから、異性からも敬遠される可能性があります。

歯が黄ばんでいると、「歯をきちんと磨いていないのでは?」などと思われる可能性があり、良い印象を持たれないかもしれません。

以上のように、歯が黄ばんだままだとさまざまなデメリットが生じます。

歯の黄ばみによるデメリットを避けるためにも、歯が黄ばんだ時はホワイトニングがおすすめです。

定期的に受けて、白い歯をキープしましょう。

まとめ

歯が黄ばんでしまった時は、単に磨いていても白くはなりません。

歯を白くするには、歯医者でホワイトニングの施術を受けましょう。

歯医者で施術を受ける際は、1時間弱で終わります。

通うのが困難な場合には、ホームホワイトニングでもある程度の効果があります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用すると、さらに効果的でしょう。

黄ばみが気になった時は、一度試してみてください。

成城で予防歯科をお考えの際には、『Kデンタルクリニック成城』にご相談下さい。

患者様と向き合い、可能な限り歯を傷つけない治療法をご提案させて頂きます。

スタッフ一同、お待ちしております。

【ネット予約可・公式】成城学園前の歯医者|Kデンタルクリニック成城

日付:  カテゴリ:ホワイトニング

【成城の歯医者】市販のホワイトニング用品で歯は白くなるか解説します

歯科医院ではホワイトニングという施術により、歯を白くすることが可能です。

一方、ドラッグストアなどでホワイトニング用品が売られているのを見たことがある人も多いでしょう。

市販されているホワイトニング用品の効果は、どの位あるのでしょうか?

ホワイトニング用品とは?

ドラッグストアに行くと、歯磨き粉などが売られているオーラルケアコーナーがあり、一緒にホワイトニング用品が売られているのを見たことがある人も多いでしょう。

ホワイトニングと書かれたものでまず目にするのが、ホワイトニング歯磨き粉です。

多くは、歯の着色を予防する効果や付着しているステインなどを落とす効果があるものです。

また、成分に注目するとポリリン酸ナトリウムやヒドロキシ(ハイドロキシ)アパタイト、ピロリン酸ナトリウムなどが入っているものがあります。

このうちのどれかが入っていると、効果は高くなります。

ポリリン酸ナトリウムには歯の表面をコーティングする効果があり、ヒドロキシアパタイトには歯の傷を修復する効果があります。

ピロリン酸ナトリウムは、歯の表面の汚れを浮き上がらせ、歯石の沈着を防いでくれます。

歯磨き粉以外の用品

歯磨き粉以外のホワイトニング用品としてまず挙げられるのは、液体タイプのものです。

歯磨きの前か後に使用することで、着色汚れをつきにくくする効果に期待できます。

使用後にしっかりとうがいをしたくなりますが、やめましょう。

なぜなら、成分が残らずに流されてしまう可能性があるからです。

軽くゆすぐ程度にしてください。

ほかに、歯の表面に付着するステインをこすり落とす、消しゴムタイプのホワイトニング用品もあります。

消しゴムタイプのものには研磨剤が含まれているため、歯の汚れがある箇所を狙って落とすことが可能です。

ただし、強くこすり過ぎると、汚れを落とすだけでなく歯の表面を傷つける恐れがあるため、注意して使いましょう。

ホワイトニング用品の中には、歯の表面に塗って白く見せる、マニキュアタイプのものもあります。

汚れは落ちないものの、キレイに濡れるようなら即効性があります。

しかし、不慣れであったり手先があまり器用でなかったりする場合、塗った時にムラができてしまうことがあります。

また、食事中や唇が当たった際に落ちてしまうこともあるため、注意が必要です。

歯の表面に貼り付ける、シールタイプのホワイトニング用品もあります。

シールタイプのものは、貼った後30分程待って剥がすと、歯が白くなります。

しかし、歯並びが悪いと均一に貼り付けるのが難しく、色ムラができる可能性があるので注意しましょう。

まとめ

市販されているホワイトニング用品には、多くの種類があります。

その中には実際に歯を白くする効果を持つものもありますが、あまり効果的ではないものもあります。

そのため、まずは歯科医院でホワイトニングを受けてから、白い歯をキープするために使用するのがおすすめです。

ホームホワイトニングも併用すれば、さらにキープしやすくなるでしょう。

成城で予防歯科をお考えの際には、『Kデンタルクリニック成城』にご相談下さい。

患者様と向き合い、可能な限り歯を傷つけない治療法をご提案させて頂きます。

スタッフ一同、お待ちしております。

【ネット予約可・公式】成城学園前の歯医者|Kデンタルクリニック成城

日付:  カテゴリ:ホワイトニング

【成城の歯医者】差し歯にホワイトニングはできる?

歯を失ったところに、差し歯の治療を受けたという人もいるのではないでしょうか。

差し歯の治療を受けた人がホワイトニング治療を受ける場合、注意が必要です。

ホワイトニングを受けた時に、ほかの歯と比べて差し歯が黄色く見えて浮いてしまうことがあります。

差し歯へのホワイトニングはできるのでしょうか?

差し歯を白くする方法について解説します。

人工歯にホワイトニングの効果はある?

ホワイトニングとは、歯についている汚れを過酸化水素や過酸化尿素などの薬剤で漂白する施術です。

薬剤が歯に浸透して、化学反応が起こることで歯は白くなります。

通常、ホワイトニングは天然歯に行いますが、差し歯に行った場合には白くなるのでしょうか?

実は、差し歯のような人工歯は天然歯と異なり、ホワイトニングの薬剤が浸透していかないため、ホワイトニングでは白くならないのです。

差し歯以外にも、クラウンやインレーなどの補綴物、インプラントの上部構造、ブリッジなどもホワイトニングの効果はありません。

ホワイトニングをした場合、周囲の天然歯だけが白くなるため、色の違いから浮いて見えてしまうでしょう。

差し歯があるときのホワイトニング

差し歯がある場合、ホワイトニングをするだけでは色の違いが際立ってしまいます。

差し歯が目立たないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

方法の一つが交換です。

ホワイトニングをした後、差し歯を周囲の歯の色に合わせたものに交換すると、悪目立ちすることはなくなります。

特に、セラミック製の差し歯なら自然な色調になるでしょう。

反対に、差し歯の色に合わせて、周囲の歯のホワイトニングをするという方法もあります。

通常、差し歯は天然歯より汚れにくいため、ホワイトニング前は差し歯のほうが白いことが多いです。

そのため、差し歯の色までしか天然歯をホワイトニングしなければ、差し歯が目立ちにくくなります。

また、差し歯のクリーニングも方法の一つです。

差し歯の表面の汚れは、クリーニングで落とすことができます。

定期的にクリーニングを受けることで、ホワイトニングを受けなくても歯をきれいにできるでしょう。

ただし、落とすことができるのは表面の汚れだけです。

素材が変色している場合には期待したほどきれいにならないかもしれません。

もしもクリーニングで綺麗にならない場合には、差し歯を交換した方がいいでしょう。

まとめ

差し歯が黄ばんだ場合、ホワイトニングできれいにならないか考える人もいるでしょう。

しかし、差し歯やクラウン、インプラントなどの人工歯は薬剤が内部に浸透していかないため、ホワイトニングを行っても効果はありません。

周囲の歯と合わせた色にしたい場合には、差し歯を新調するか、周囲のホワイトニングを差し歯と同じ色までにするという方法があります。

また、表面の汚れにより黄ばんでいる場合には、クリーニングで落とすことができるでしょう。

成城で予防歯科をお考えの際には、『Kデンタルクリニック成城』にご相談下さい。

患者様と向き合い、可能な限り歯を傷つけない治療法をご提案させて頂きます。

スタッフ一同、お待ちしております。

【ネット予約可・公式】成城学園前の歯医者|Kデンタルクリニック成城

日付:  カテゴリ:ホワイトニング

【成城でホワイトニング】ホワイトニングの効果が出にくい人の特徴

歯の黄ばみなどが気になった場合は、ホワイトニングによって歯を白くすることが可能
です。

しかし、中にはせっかくホワイトニングを受けても、なかなか歯が白くならない人もいます。

ホワイトニングの効果が出にくいのは、どのような人でしょうか。

ホワイトニングの効果が出にくい人の特徴について解説します。

歯の状態によって効果が出にくい事がある

ホワイトニングの効果が出にくい人の特徴として、歯の状態に問題があるケースが挙げられます。

問題があるケースの一つが、テトラサイクリン歯です。

テトラサイクリン系の抗生物質を服用していたことで歯が変色していると、ホワイトニングの効果が出にくくなります。

テトラサイクリン歯はテトラサイクリン系の抗生物質により縞模様になった歯で、色によってホワイトニングの効果が出るかどうかが変わってきます。

また、神経を抜かれた失活歯は、ホワイトニングの効果があまり出ません。

失活歯になると内側から歯が黒くなるため、ホワイトニングでは白くできないのです。

人工歯には効果がない

ホワイトニングの効果が出にくい人の他の特徴として、人工歯があるという点が挙げられます。

人工歯とは、インプラントや被せもの、詰めものなどの人工的に作られた技工物のことで、レジンやセラミックなどさまざまな素材で作られています。

人工歯は、ホワイトニングを受けても効果が出ないため、白くはなりません。

人工歯を白くしたい場合には、クリーニングを受けて表面の汚れを落としたり、人工歯を新しいものにしたりするなどの対処をしたほうがいいでしょう。

ホワイトニングの効果があまりない歯も、表面を削ってセラミックなどの被せものを装着すれば、歯を白くすることができます。

また、ラミネートベニヤは歯の状態に関わらず歯を白くすることが可能です。

歯が著色した状態に悩んでいるという方は、一度検討してみてください。

まとめ

ホワイトニングは歯を白くするための施術ですが、ホワイトニングを受けても十分な効果が得られない人もいます。

ホワイトニングの効果が十分に出ないケースとして、テトラサイクリン歯になっているというケースがあります。

また、神経を抜いた失活歯で、内側が黒くなっているせいで変色している場合も、十分な効果には期待できないでしょう。

人工歯にもホワイトニングは効果がないため、注意してください。

成城で予防歯科をお考えの際には、『Kデンタルクリニック成城』にご相談下さい。

患者様と向き合い、可能な限り歯を傷つけない治療法をご提案させて頂きます。

スタッフ一同、お待ちしております。

【ネット予約可・公式】成城学園前の歯医者|Kデンタルクリニック成城

日付:  カテゴリ:ホワイトニング

【成城でホワイトニング】ホワイトニングの間隔はどれくらいが理想?

歯の黄ばみなどが気になって、ホワイトニングを受ける人が増えています。

白くなった歯はできるだけ長くキープしたいものです。

そのためにも、施術の間隔を空けすぎてしまい、歯の色が戻ってしまうのは避けたいでしょう。

ホワイトニングはどのくらいの間隔を空けて受けるのが理想的なのか、解説します。

ホワイトニングの効果が持続する期間は?

ホワイトニングにはいくつかの施術の方法があり、施術の方法によって歯の白さが持続する期間は異なります。

理想的な間隔を知るためにも、まず持続期間を知っておきましょう。

歯科医院でホワイトニングを受けるオフィスホワイトニングの場合は、一度施術を受けると白さは3~6カ月持続します。

一度の施術でかなり白くなりますが、他の方法より持続期間が短い点に注意が必要です。

自宅で行うホームホワイトニングは効果が出るまで時間がかかる反面、持続期間は長く、白さが6カ月から1年持続します。

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングで使用する薬剤より弱い薬剤を使用しています。

その分、歯にゆっくり浸透させるため、効果が長く続くことがメリットです。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うデュアルホワイトニングは、双方のメリットを兼ね備えているのが特徴です。

効果がすぐに出るうえに、白さが1~2年ほどと長く持続します。

ホワイトニングの理想的な間隔は?

持続期間と同じく、ホワイトニングを受ける理想的な間隔も治療方法によって異なります。

オフィスホワイトニングの場合は、効果が出るまでの間は1~2週間に1度、効果を持続させるには2~3カ月おきに施術を受けましょう。

ホームホワイトニングは、効果が出るまでの間は週に4回程度、できれば毎日施術を行ってください。

効果が出た後は、1週間おきに施術を行いましょう。

デュアルホワイトニングの場合、ホームホワイトニングを週に2~3回行い、オフィスホワイトニングは3カ月に1回の間隔で行ってください。

効果が出た後は、年1回施術を行うだけで維持できます。

まとめ

歯を白くするためのホワイトニングは、一定間隔で行わなければ歯の色が戻ってしまいます。

オフィスホワイトニングは効果が3~6カ月持続します。

効果を維持するには2~3カ月の間隔で施術を受けましょう。

ホームホワイトニングは6カ月以上持続します。

効果の維持には週に1回の間隔で施術を行うのが理想的です。

デュアルホワイトニングは1~2年持続します。

白さを維持するには、1年に1回の間隔で施術を受けるのが理想的です。

成城で予防歯科をお考えの際には、『Kデンタルクリニック成城』にご相談下さい。

患者様と向き合い、可能な限り歯を傷つけない治療法をご提案させて頂きます。

スタッフ一同、お待ちしております。

【ネット予約可・公式】成城学園前の歯医者|Kデンタルクリニック成城

日付:  カテゴリ:ホワイトニング

【成城でホワイトニング】デュアルホワイトニングのメリットとデメリットを解説します

ホワイトニングの施術には、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うデュアルホワイトニングという方法があります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つを併用するメリットはあるのでしょうか?

また、デメリットがないかも気になるかもしれません。

デュアルホワイトニングのメリットとデメリットについて、解説します。

デュアルホワイトニングのメリット

デュアルホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、両方のメリットを得られるという特徴があります。

メリットとして早期に効果を実感できることが挙げられます。

オフィスホワイトニングの長所である即効性により、すぐに理想的な白さにできるのです。

また、オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くできる一方、色戻りが早いというデメリットがありますが、ホームホワイトニングを続けることで色戻りを防げるため、デュアルホワイトニングでは白さを長く維持できます。

2つのホワイトニングを組み合わせて行うと、即効性と持続性の両方を得られ、単独で行うより効果は優れたものとなります。

他の方法と比べて、自然な色合いの白い歯を目指せるのです。

デュアルホワイトニングのデメリット

一方、デュアルホワイトニングにはどのようなデメリットがあるでしょうか?

まず、挙げられるのはコストです。

2つの方法を組み合わせて行うため、コストも両方の施術分必要となります。

また、オフィスホワイトニングを受けるのは1度だけではなく、複数回施術を受けなければなりません。

ホームホワイトニングも、薬剤が無くなれば通院して処方してもらう必要があるでしょう。

定期的な通院が必要になるので、面倒に感じたり、仕事が忙しくてなかなか通うことができない人もいるかもしれません。

しかし、白い歯を維持するためには、都合をつけてきちんと通うことが大切です。

なお、人によっては、ホワイトニングによって知覚過敏が起こることもあります。

2つのホワイトニングを併用するため、通常よりも知覚過敏になる可能性が高くなるので、注意しましょう。

まとめ

デュアルホワイトニングは、歯を白くするという目的に対して、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのどちらよりも優れています。

理想的な白さになるまでの期間が短く、白さを長く維持できます。

しかし、2つの施術を併用するため、コストは1つだけの場合より高くなります。

通院が面倒という人もいますが、きちんと最後まで受けるようにしてください。

知覚過敏になった場合は、歯科医に相談しましょう。

成城で予防歯科をお考えの際には、『Kデンタルクリニック成城』にご相談下さい。

患者様と向き合い、可能な限り歯を傷つけない治療法をご提案させて頂きます。

スタッフ一同、お待ちしております。

【ネット予約可・公式】成城学園前の歯医者|Kデンタルクリニック成城

日付:  カテゴリ:ホワイトニング

【成城でホワイトニング】デュアルホワイトニングの注意点について解説します

デュアルホワイトニングは、歯を白くするホワイトニングの効果を高めたうえで、長期間維持できる方法です。

しかし、デュアルホワイトニングを受けた後の注意点を知らないと、施術後に後悔してしまうかもしれません。

デュアルホワイトニングの注意点とは何か、解説します。

デュアルホワイトニングの後の食事の注意点

デュアルホワイトニングの施術を受けた後、特に注意しなくてはならないのが食事です。

施術後の食事における注意点について、解説します。

オフィスホワイトニングを受けた後は、歯に刺激を与えるような刺激の強い飲食物を避けてください。

ホワイトニングを受けた後は、歯をコーティングしているペリクルが剝がれているため、刺激がダイレクトに伝わる状態になっているからです。

冷たい飲み物を飲んだ時は、知覚過敏のようになってしまうでしょう。

また、レモンやマスタード、からしなど酸性度が高い飲食物は、歯を溶かす原因となるため避けてください。

ペリクルが剥がれていると、飲食物の色素も直接歯に届き、着色汚れが付きやすくなっています。

代表的なものは、コーヒーや赤ワインなどの色が濃い飲み物です。

他にも、味噌やソース、ケチャップ、しょうゆのような色が濃い調味料を使用した料理、カレーなども着色汚れの原因となります。

豆腐などに含まれるイソフラボンも、実は着色しやすいので注意しましょう。

ペリクルは、ホワイトニングの施術を受けてから12~48時間で再生し、再び歯をコーティングします。

再生するまでの間は、特に気をつけてください。

食事の前に水を飲みましょう

着色汚れを避けるためには、食事の前に水を飲むのが効果的です。

歯の表面が乾燥していると色素が沈着しやすいといわれているため、水を飲んでおくことで表面が濡れて、着色汚れを水に浮かせて軽減できるのです。

オフィスホワイトニングの施術を受けている間は口を開けたままにするため、施術後はかなり乾燥しています。

そのため、施術後にまずは水を飲んで口内を湿らせましょう。

なお、デュアルホワイトニングで使用するホームホワイトニングの薬剤は、歯科医院で処方されたものを使用してください。

海外から通販で購入した薬剤は知覚過敏の原因となるケースもあるので、注意が必要です。

まとめ

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトングを併用するホワイトニングの施術です。

施術を受ける際はいくつかの点に注意しなければなりませんが、中でも注意が必要なのは施術を受けた後です。

施術後はペリクルという歯の表面の膜が剥がれているため着色汚れが付きやすく、刺激にも弱い状態になっているため、着色汚れの原因となる飲食物は避け、歯が乾燥している場合は水を飲みましょう。

成城で予防歯科をお考えの際には、『Kデンタルクリニック成城』にご相談下さい。

患者様と向き合い、可能な限り歯を傷つけない治療法をご提案させて頂きます。

スタッフ一同、お待ちしております。

【ネット予約可・公式】成城学園前の歯医者|Kデンタルクリニック成城

日付:  カテゴリ:ホワイトニング

【成城でホワイトニング】デュアルホワイトニングの効果と費用を解説します

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うホワイトニングです。

単独のホワイトニングよりも高い効果を得られ、効果も長く続きますが、具体的にはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

また、費用も気になるでしょう。

期間と効果について、解説します。

デュアルホワイトニングの効果

デュアルホワイトニングとは、高濃度の薬剤を使用して歯を一気に白くするオフィスホワイトニングを行い、白くなった歯をキープするためにホームホワイトニングを行うという施術です。

オフィスホワイトニングは、1度受けただけでも白くなったことがはっきりとわかります。

理想的な白さになるまで、施術を数回繰り返すのが一般的です。

理想的な白さになってからは、ホームホワイトニングを行います。

ホームホワイトニングは、急激に白くする効果はないものの、白さを長期間キープできるという特徴があります。

並行して行うデュアルホワイトニングの場合、歯が色戻りしたとはっきりわかるまでの期間は、1~2年といわれています。

ただし、生活習慣によっても色戻りまでの期間は異なる点に留意が必要です。

例えば、喫煙の習慣がある場合は歯に色が付きやすいでしょう。

また、着色汚れの原因となりやすいコーヒーやチョコレート等の飲食物を頻繁に摂取している場合も、色戻りが早くなってしまいます。

デュアルホワイトニングの費用は?

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つのホワイトニングを並行して行うものなので、両方の費用がかかります。

また、継続して行う期間が長くなると、ホームホワイトニングの薬剤の分だけ費用も重ねてかかります。

歯科医院や細かい施術の内容によっても費用は異なりますが、全体の費用のおおよその目安としては5万円~8万円となっています。

上記料金から大きく逸脱している場合は、施術内容をよく確認してください。

まとめ

デュアルホワイトニングは、強力な薬剤で歯を一気に白くするオフィスホワイトニングを受けた後に、家庭でも扱うことができる薬剤を使用するホームホワイトニングを継続して行い、歯の白さをキープするという方法です。

ホームホワイトニング用の薬剤も歯科医院で処方されるため、希望する場合はデュアルホワイトニングを扱っている歯科医院で施術を受けましょう。

また、料金の目安を参考に、適切な価格の歯科医院を選んでください。

成城で予防歯科をお考えの際には、『Kデンタルクリニック成城』にご相談下さい。

患者様と向き合い、可能な限り歯を傷つけない治療法をご提案させて頂きます。

スタッフ一同、お待ちしております。

【ネット予約可・公式】成城学園前の歯医者|Kデンタルクリニック成城

日付:  カテゴリ:ホワイトニング